ブルースギター入門

Visit Tutorial Page ( Report)

ブルースはシンプルですが奥が深い音楽です。 また様々なスタイルがあります。 特にフィーリングが重要な音楽ですので実際に好きなアーティストを沢山きくことがまずは重要です。 このコースでは、ジャムセッションなどで実際に使えるように、バッキングの基本から練習していきます。 人と一緒に音を合わせるには、いい伴奏が出来ることが必須です。 また、いいリズムを習得することは、いいソロを弾くことにも繋がります。 アドリブソロを弾くのも、これが正解というものはありませんが、楽しんで色々試してみましょう! In this blues guitar lesson, guitarist, Taka Mori will teach the blues in E. He will first go over how to play blues backing, turnaround, and solos in E. After getting the hang of the blues, we will introduce more advanced topics like octaves, bridge mute, volume play, and how to use the wah pedal. We will also go over the pentatonic scale in detail so that you can play it more like a professional. We end the lesson series with a some songs by Jimi Hendrix and SRV. Have fun and keep playing! Who is the target audience? 初心者 中級者 上級者

  • ブルースギター入門 11
    • ブルースバッキング基礎 1
    • ブルースバッキング基礎 2
    • ブルースターンアラウンド
    • バッキングにフレーズを入れてみよう
    • バッキングにフレーズを入れてみよう
    • Eブルース 応用編 パート1
    • Eブルース 応用編 パート 2
    • Eブルース ソロギタースタイル 応用編 デモ演奏
    • ブルースで使うコード パート1
    • Eブルース・ソロギター
    • 4つの音を使ってアドリブをしてみる
    • B.B.King ハイノートの弾き方
  • ブルースギター ADVANCED
    • ブリッジミュート
    • オクターブ 奏法
    • ワウペダルの使い方
    • ボリューム奏法 (バイオリン奏法)
    • カルテットスタイル
    • 順アングルピッキング
    • ペンタトニックスケールを使ってよりファンキーに弾くコツ パート①
    • ペンタトニックスケールを使ってよりファンキーに弾くコツ パート②
    • ペンタトニックスケールをかっこよく弾く方法 (5音フレーズ)
    • ペンタトニックスケールをよりブルージーに弾く方法
    • ペンタトニックスケールをよりブルージーに弾く方法
    • ジミヘンのブルース「RED HOUSE」のフレーズの弾き方
    • スティーヴィーレイヴォーンのScuttle Buttin' の弾き方
Write Your Review

Reviews